メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

谷村新司 1000年残る旋律選ぶ 国宝展テーマ曲に三木たかし遺作

特別展覧会「国宝」の開会式でテープカットに臨む歌手の谷村新司=京都市東山区の京都国立博物館で2日、小松雄介撮影

 「国宝」と聞いて、すぐに「シルクロード」を思い浮かべる人は少ないだろう。だが、古代の仏像仏画はもとより書画彫塑工芸のほとんどは、技法も含めて中世まで大陸の大きな影響下にある。つまりシルクロードあっての「国宝」なのだ。

 谷村新司は、現在、京都市東山区の京都国立博物館で開催中の「国宝展」(11月26日まで)のフラッグアーティストである。依頼された時「あ、シルクロードだ。大陸だ」と口をついて出たと言う。

 「僕は、大陸に縁があるんです。きっと大陸やシルクロードに結び付く、何か本質的なものが呼んでくれている」。谷村は、代表曲「昴(すばる)」の詞の暗喩や上海音楽学院の教授になったことを思い起こす。「空海の足跡を中国に訪ねたこともありますし」。空海は、日本仏教史に足跡を残す大人物というだけでなく、書の達人であり、唐から持ち帰った密教法具、彼の思想から生まれた仏像絵画などを考えると「美術家」としての業績も…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1161文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです