メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

馬場正男と撮影所・京都カツドウ屋60年

/142 撮影所売却、一気に半分

1957年、大映京都撮影所の“グランプリ広場”の市川雷蔵(右端)ら。撮影所売却でこの広場もなくなった

 1970年5月、大映と日活の配給系統を一本化したダイニチ映配は、ヨロヨロと船出する。30日公開の第1回配給作、大映「太陽は見た」と日活「盛り場流し唄 新宿の女」はそこそこの滑り出しだったものの、6月は3番組6本を公開して総配給収入は2億5000万円。月4億円以上との見込みを大きく下回った。

 前後して5月、大映が東京・京橋の本社ビルと東京、京都両撮影所の一部、東京・池袋の劇場を売却することが明らかになる。累積赤字38億円、借入金60億円と、利息の支払いだけで首が回らなくなっていた。

 永田雅一社長から京都撮影所の売却計画を任された、所長の鈴木晰也は「切り売りされるくらいなら、この際京撮の半分を売却するくらいの計画を示し、思いきった案だと思わせるのが後々の始末がよい」と腹をくくった(「ラッパと呼ばれた男」)。かくして撮影所西側のオープンセットと、事務関係の建物があった東側正門周辺の土地、合計約7000坪を売り払うことが決まる。永田の決断からわずか2カ月で、建物の取り壊しが始まっ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  4. 原付きバイクで名古屋高速走行の疑い 「ウーバーイーツ」宅配中か、愛知県警が捜査

  5. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです