メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アングル

補助犬法施行から15年 シンシア伝え“3代目”と講演 日本介助犬使用者の会会長・木村さん /兵庫

 身体障害者補助犬法(補助犬法)の施行から10月1日で15年を迎えた。「日本介助犬使用者の会」会長を務める木村佳友さん(57)は補助犬への理解を深めてもらおうと今、3代目となる介助犬デイジーと共に講演活動を続ける。

 木村さんの初代シンシアは介助犬として国会を初傍聴し、厚生相(当時)とも面会。補助犬法成立(2002年5月22日)に向けて尽力した。バトンタッチされた2代目エルモは今、木村さん宅で介助犬の仕事を引退し、後継犬のデイジーを見守っている。

 本や教科書などでも取り上げられたシンシアは補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)の学びの場で、今も語り続…

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1241文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  2. きょうのセカンドオピニオン 起立性調節障害、受診先は?=答える人・呉宗憲助教(東京医科大・小児科)
  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  4. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  5. ファシリティードッグ 子供の闘病支え9年 ベイリー引退

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです