連載

「万葉古道」を尋ねて

万葉の時代の暮らしを支えた「古道」。わずかな手掛かりを頼りにいにしえの道を尋ねます。

連載一覧

「万葉古道」を尋ねて

交流・別れ・流浪/8 防人が来た道/8 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
木原古池を泳ぐバンの親子。手前はホテイアオイの花=奈良県橿原市で2017年9月中旬、栗栖健撮影
木原古池を泳ぐバンの親子。手前はホテイアオイの花=奈良県橿原市で2017年9月中旬、栗栖健撮影

女心と男の激情、伝説は今

 男たちの破滅を避けるため「耳無(みみなし)の池」に身を投じた縵児(かづらこ)。万葉集巻十六には、その死を嘆き、悔やむ2人の男の歌もある。

 『山縵の児』が今日、行く-死を選ぶ-と我に告げてくれていたら、(出かけていた先から)帰って来て(止めて)いたのに--。(3789)

 「玉縵の児」は今日、自分も通った道の、どの角を見ながら(池まで)来たのか--。(3790)

 万葉歌には、縵児に関するものの他にも、自らを巡る男たちの争いに悩み、命を絶ったという娘にまつわる歌がある。

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1550文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集