特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-広瀬章人八段 第22局の4

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

夢のような展開

 駒割りは角桂香と銀の交換で、後手の大きな駒得。控室の評判も広瀬よしで固まっていた。

 図は[先]4九飛と馬取りに引いた局面。ここで控室は[後]6四馬を予想していた。ついで(1)[先]3二と[後]同飛[先]4一飛成には馬の利きを生かして[後]3一飛がぴったり。また(2)[先]5二と[後]同飛[先]4一飛成は[後]5四飛で問題ない。

 ところが広瀬が選択したのは[後]5五馬。その理由を後日、広瀬が打ち明けてくれた。

この記事は有料記事です。

残り711文字(全文924文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集