メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

聖火トーチ、求む作り手 ニッポンの技術、期待

 2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーで用いられるトーチの製造委託業者の公募が今月から始まった。トーチはデザインなど芸術的な要素に加えて、どんな天候でも燃え続ける技術的な要件も求められる。大会組織委員会の布村幸彦副事務総長は「日本のものづくりの粋を集めたものになることを期待している」と多くの参加を呼び掛ける。【田原和宏】

 聖火リレーは1936年ベルリン五輪から始まった。64年東京五輪は戦後の日本を代表する工業デザイナー、柳宗理氏(故人)が手掛けたシンプルでモダンなデザインだった。最近は斬新なデザインやその国の文化や伝統を感じさせるものが多い。昨夏のリオデジャネイロ五輪はブラジルの太陽、山や海など豊かな自然が色鮮やかな模様で表現された。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです