メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

6人死亡 超大型で上陸は初

大雨の影響で住宅に土砂が流れ込んだ現場=和歌山県紀の川市で2017年10月23日午前9時14分、本社ヘリから小関勉撮影

 超大型の台風21号は23日未明に静岡県御前崎市付近に上陸し、関東地方を通過した後、同日午後3時、北海道の東の海上で温帯低気圧に変わった。活発化した前線の影響で台風の上陸前から全国的に大荒れの天気となり、各地で記録的な大雨となった。【金森崇之】

 気象庁によると、和歌山県新宮市では、23日正午までの72時間に893・5ミリの雨を観測。同市を含め、激しい雨が続いた近畿や東海、北陸の各地で観測史上1位を記録した。

 また、関東甲信や東北でも大雨となった。23日明け方までの24時間雨量は、山梨県富士河口湖町で335…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです