メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

「三都物語」はや暗礁 希望失速、維新苦戦 構想描けず 松井知事「大村さん離脱…」

記者会見後、写真撮影に応じる(左から)小池百合子東京都知事、大村秀章愛知県知事、松井一郎大阪府知事=大阪市中央区で2017年9月30日午後7時1分、久保玲撮影

 衆院選の公示前、東京都の小池百合子知事、大阪府の松井一郎知事、愛知県の大村秀章知事が地方分権改革の推進などで連携をうたった「三都物語」構想が、早くも暗礁に乗り上げている。小池氏が代表を務める希望の党と松井氏が代表の日本維新の会はともに衆院選で敗北し、国政への影響力低下は避けられない。大村氏は既に選挙期間中から両党に距離を置いており、3知事が協調するめどは見通せない状況だ。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「入院拒めば罰則」の感染症法改正案 抑止力か人権侵害か

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです