メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

「三都物語」はや暗礁 希望失速、維新苦戦 構想描けず 松井知事「大村さん離脱…」

記者会見後、写真撮影に応じる(左から)小池百合子東京都知事、大村秀章愛知県知事、松井一郎大阪府知事=大阪市中央区で2017年9月30日午後7時1分、久保玲撮影

 衆院選の公示前、東京都の小池百合子知事、大阪府の松井一郎知事、愛知県の大村秀章知事が地方分権改革の推進などで連携をうたった「三都物語」構想が、早くも暗礁に乗り上げている。小池氏が代表を務める希望の党と松井氏が代表の日本維新の会はともに衆院選で敗北し、国政への影響力低下は避けられない。大村氏は既に選挙期間中から両党に距離を置いており、3知事が協調するめどは見通せない状況だ。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 性暴力で妊娠、中絶手術に「加害者の同意」が必要? 弁護士ら改善求める

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです