メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府

受動喫煙ゼロは断念 がん対策基本計画を閣議決定

 政府は24日、今後6年間の国のがん対策の指針となる「第3期がん対策推進基本計画」を閣議決定した。受動喫煙対策に関し、「受動喫煙ゼロ」も検討されたが、数値目標の記載は見送った。当初、夏に決定予定だったが、受動喫煙対策で自民党との調整が難航し、大幅に遅れた。

 政府は対策がまとまり次第、追加で閣議決定する方針。自民党側は厳格な対策には否定的で、「ゼロ」目標を事実上、断念した。

 計画期間は2017~22年度。「がんの予防」を強く打ち出し、「がん医療の充実」「がんとの共生」とともに三つの柱からなる。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 耳栓にもアマビエ? まさかの商標出願に批判続出「誰のものでもない」

  2. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです