自民党

全て容認ではない…野田聖子氏、改めて総裁選意欲

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
野田聖子総務相
野田聖子総務相

 野田聖子総務相は24日午前の閣議後の記者会見で、衆院選に関して「徹底的に自民党がいいということではないと肝に銘じ、謙虚に政策が形になるよう取り組みたい。勝ったことで全て容認されているとは思っていない」と述べた上で、来秋の自民党総裁選に出馬する意欲を改めて示した。

 野田氏は「総裁選に常に女性の候補者がいて当たり前という形を作りたい。自民党の心意気をお見せする場所であり、引き続き取り組みたい」と立候補の意欲を語った。また、「全国を回って、結果として自民党が勝つが、プロセスにはさまざまなものがあると受け…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文632文字)

あわせて読みたい

注目の特集