メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党 全て容認ではない…野田聖子氏、改めて総裁選意欲

野田聖子総務相

 野田聖子総務相は24日午前の閣議後の記者会見で、衆院選に関して「徹底的に自民党がいいということではないと肝に銘じ、謙虚に政策が形になるよう取り組みたい。勝ったことで全て容認されているとは思っていない」と述べた上で、来秋の自民党総裁選に出馬する意欲を改めて示した。

     野田氏は「総裁選に常に女性の候補者がいて当たり前という形を作りたい。自民党の心意気をお見せする場所であり、引き続き取り組みたい」と立候補の意欲を語った。また、「全国を回って、結果として自民党が勝つが、プロセスにはさまざまなものがあると受け止めた」と指摘した。

     24日の閣議は衆院選後初めて。ただ、安倍晋三首相は衆院選にはほとんど言及せず、各閣僚に「緊張感を持って取り組んでもらいたい」と指示。菅義偉官房長官はその後の会見で「多くの国民の理解と信任をいただいた。真摯(しんし)に謙虚に受けとめたい」と総括。「選挙戦を通じて寄せられた声にしっかりと向き合い、改革精神を失わず、有権者に約束したことを実行に移し、この国を前に進めていきたい」と決意を語った。

     一方、希望の党代表の小池百合子東京都知事について、旧新進党時代を共にした江崎鉄磨沖縄・北方担当相は「衆院選に出る決断ができなかった。支持が大きく下回った原因だ」と指摘。鈴木俊一五輪担当相は五輪の準備作業について「都知事の仕事のなかでもプライオリティー(優先順位)が大変高いものと位置付け、万全を期してほしい」と注文をつけた。【松倉佑輔、高橋克哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
    3. どうすれば安全安心 夜に何度も目が覚める 1カ月続いたら受診を
    4. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
    5. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]