メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化勲章

光触媒応用感慨深く 東京理科大学長・藤嶋昭氏

文化勲章を受章することが決まった藤嶋昭・東京理科大学長=太田康男撮影

 文化勲章の受章が決まった東京理科大学長の藤嶋昭氏(75)に、選ばれた喜びと今後への思いを聞いた。

 光を当てると水を分解し、強い抗菌・防染効果を示す酸化チタンの触媒効果を発見したのは1967年のこと。今では「光触媒」として窓や鏡の曇り止め、空気清浄機などに広く応用されている。発見から半世紀を経た受章…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 十三人の刺客

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  4. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです