文化勲章

光触媒応用感慨深く 東京理科大学長・藤嶋昭氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
文化勲章を受章することが決まった藤嶋昭・東京理科大学長=太田康男撮影
文化勲章を受章することが決まった藤嶋昭・東京理科大学長=太田康男撮影

 文化勲章の受章が決まった東京理科大学長の藤嶋昭氏(75)に、選ばれた喜びと今後への思いを聞いた。

 光を当てると水を分解し、強い抗菌・防染効果を示す酸化チタンの触媒効果を発見したのは1967年のこと。今では「光触媒」として窓や鏡の曇り止め、空気清浄機などに広く応用されている。発見から半世紀を経た受章…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

あわせて読みたい

ニュース特集