メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

刑の一部執行猶予

「施設で更生」約束破り続出 導入1年

薬物事件の被告らから届いた手紙を読む三重ダルク代表の市川岳仁さん=津市で、飯田憲撮影

 薬物使用事件などの再犯防止を目的に「刑の一部執行猶予制度」が導入されて1年余り。法務省によると、9月末現在で既に約100人が服役を終え、「一部猶予」の期間に入っている。これまで制度の適用対象者の再犯は確認されていないが、公判時に「出所後は民間リハビリ施設に入所する」と約束しながら、結局入所しないケースも多く、施設側は複雑な思いを抱えている。【飯田憲】

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1424文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです