大阪府

LGBT就労支援、当事者が相談員

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
9月末から「OSAKAしごとフィールド」で働き始めたトランスジェンダーの相談員=大阪市中央区北浜東のOSAKAしごとフィールドで
9月末から「OSAKAしごとフィールド」で働き始めたトランスジェンダーの相談員=大阪市中央区北浜東のOSAKAしごとフィールドで

 大阪府は、LGBTなど性的少数者の就労支援に本格的に乗り出した。就職活動で悩みを抱える人たちに対応するため、9月末からトランスジェンダーの相談支援員を雇用。企業向けの啓発冊子にも今年度からLGBTの採用に関する項目を設けた。府によると、都道府県によるLGBT対象の就労支援は初めてという。

 府は就職支援施設「OSAKAしごとフィールド」(OSF、大阪市中央区)で高齢者や障害者向けの就労支援はしていたが、LGBTは求職者向けのカウンセリングなどで個別に対応する程度だった。OSFが5月にリニューアルしたのをきっかけに、就労のハードルが高い人も対象に加えようとLGBTへの支援を打ち出した。

 まず、LGBTの当事者と職員との意見交換会を6月に実施。当事者からは「就労支援の窓口でフルネームを確認されると困る」「面接時の服装をどちらの性別に合わせればよいのか迷う」などと意見が寄せられた。

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1551文字)

あわせて読みたい

ニュース特集