メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

名大躍進、女性スタッフ支え…42人中40人

パソコンを使って分析する学生スタッフ

全日本大学選手権に初出場

 アメリカンフットボールの東海学生リーグで、国立の名古屋大が4年ぶり7回目の優勝を果たした。学生日本一を決める毎日甲子園ボウルにつながる全日本大学選手権への初出場も決定。躍進を支えたのは女性の学生スタッフ。特に戦略・分析面に携わる部門は、チームの頭脳になっている。

 1975年創部。スポーツ推薦はなく、フルタイムのコーチもいない。入部してくる選手はほとんどがアメフット未経験者だ。私立大との戦力差を埋めるために、スタッフが専門分野でスペシャリストとして活動する。

 選手57人に対してスタッフは42人と多く、うち40人が女性。3部門に分かれ、他チームのスカウティン…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文696文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 望月がジュニア世界1位 現行制度下では日本勢初
  5. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです