メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

名大躍進、女性スタッフ支え…42人中40人

パソコンを使って分析する学生スタッフ

 アメリカンフットボールの東海学生リーグで、国立の名古屋大が4年ぶり7回目の優勝を果たした。学生日本一を決める毎日甲子園ボウルにつながる全日本大学選手権への初出場も決定。躍進を支えたのは女性の学生スタッフ。特に戦略・分析面に携わる部門は、チームの頭脳になっている。

 1975年創部。スポーツ推薦はなく、フルタイムのコーチもいない。入部してくる選手はほとんどがアメフット未経験者だ。私立大との戦力差を埋めるために、スタッフが専門分野でスペシャリストとして活動する。

 選手57人に対してスタッフは42人と多く、うち40人が女性。3部門に分かれ、他チームのスカウティングやプレーの考案を担う戦略・分析▽トレーニングメニューなどを提案するトレーナー▽チケット販売や試合の集客に関わる広報--に分かれる。

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです