アルゼンチン

大統領派の議席増確実 中間選挙

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【サンパウロ山本太一】南米アルゼンチンの上下両院の中間選挙が22日投開票され、マクリ大統領率いる中道右派政党「カンビエモス」が議席を伸ばすのが確実となった。地元メディアが報じた。

 今回は下院(257議席、任期4年)の半数、上院(72議席、任期6年)の3分の1が改選。暫定開票結果によると、カンビエモ…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文244文字)

あわせて読みたい

ニュース特集