メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国共産党大会

常務委員5人引退へ

 【北京・浦松丈二】中国共産党の第19回党大会が24日閉会する。最高指導部の党政治局常務委員7人のうち、習近平総書記(64)と李克強首相(62)を除き、王岐山・中央規律検査委員会(中規委)書記(69)ら68歳以上の5人が同ポストから引退することになった。消息筋が23日明かした。

 2002年の第16回党大会以降、計4回の党大会で不文律とされる最高指導部の「68歳定年制」が守られることになり、5年後の党大会を69歳で迎える習氏の去就にも影響しそうだ。

 大会は24日、習氏が提唱する「新時代の中国の特色ある社会主義思想」を党の「行動指針」として党規約に…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです