メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発賠償訴訟

国と東電、原告の双方が控訴

 東京電力福島第1原発事故で、福島県や隣県の住民らが現行の賠償制度は不十分だとして国と東電に総額約160億円の損害賠償などを求めた訴訟で、原告3824人全員が23日、福島地裁判決を不服として仙台高裁に控訴した。国と東電も同日控訴した。

 10日の地裁判決は津波を予見できたにもかかわらず、原発事故対策を怠ったと国と東電の賠償責任を認定。自…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです