衆院選

「劇場型選挙」TV放送倍増 14年比

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院選 公示後の放送時間
衆院選 公示後の放送時間

 衆院選関連の地上波テレビの放送時間が、2012、14年の過去2回の衆院選を大きく上回ったことが分かった。自民党側が各局に「放送の公平中立」を求める要望書を渡した14年からほぼ倍増した。新党の結成が相次ぎ、有権者の関心を集めた「劇場型選挙」を、情報・ワイドショー系番組が積極的に取り上げた結果と見られる。

 調査会社、エム・データ(東京都港区)がNHK(総合、Eテレ)と在京民放5局について、公示日から投票日前日までの12日間で集計。政見放送や政党CMは除外した。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文624文字)

あわせて読みたい