メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

スズキは4輪独立モーター駆動の次世代SUVをお披露目[東京モーターショー2017]

情報提供:カートップ

「スペーシアコンセプト」と「でかハスラー」はまもなく市販化

 2017年10月25日から11月5日まで(一般公開は28日から)、東京ビッグサイトで開催される第45回東京モーターショー2017(東7ホール)に出展しているスズキは、一般公開前のプレスデーで、メディアに向けて、出展内容についてのプレスカンファレンスを行なった。

 2輪と4輪の複合出展となるスズキの今回のブーステーマは『“ワクワク”を、誰でも、どこへでも』。同社は3年後の2020年に創立100周年を迎えるが、さらにその次の100年に向けた製品開発や技術開発に対する取り組みをここで披露した。

 プレスカンファレンスでは、スズキの鈴木俊宏代表取締役社長(CEO兼COO)が、「クルマとは何か、乗り物とは何か、と考えてみました。移動のための手段、仕事のため、遊びの道具など、使い方は人それぞれ違います。しかし、一台一台の役割が違っても、乗り物は、常に人をワクワクさせるものでなければならない」と、そのブーステーマを解説。そしてブース内のメインステージに登場した3台を直接説明した。

 こちらは、モーターを搭載した四輪独立駆動のコンパクトSUV「e-SURVIVOR(イー・サバイバー)」(参考出品車)。これは、ジムニーやエスクードといったコンパクトSUVを提供してきたスズキが、その魅力を継承し、次の時代に向けて提案する未来のコンパクトSUVとなる。

 基本骨格はラダーフレームを採用した軽量・コンパクトなボディに、伝統の走破性はそのままに、電動化による新たな4WDシステムへの置き換えを提案する。

 軽ハイトワゴン「SPACIA CONCEPT(スペーシア コンセプト)」と「SPACIA CUSTOM CONCEPT(スペーシア カスタム コンセプト)」は、低床で広い室内空間、使い勝手が良い、後席両側スライドドアのスペーシアのコンセプトモデル。

 参考出品車という出展だが、これはもちろん、事実上は新型スペーシアと新型スペーシアカスタムだ。丸みを持ったやわらかな雰囲気を持つデザインに大きく変更となり、カスタムでは、さらにイカついデザインを採用し、差別化が進化している。

 新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン「XBEE(クロスビー)」は、人気の軽SUVハスラーの拡大版。ホイールベースが10mm延長され、室内空間を拡大。もちろん、ボディ幅も1670mmへ。

 搭載するエンジンは直列3気筒1リッターターボにマイルドハイブリッドを組み合わせる。このクロスビーだが、アウトドアシーンにフィットする魅力を高めたコンセプトモデルとして「XBEE OUTDOOR ADVENTURE(クロスビー アウトドア アドベンチャー)」と、クロスオーバーの都会における楽しさを広げるストリートモデル「XBEE STREET ADVENTURE(クロスビー ストリート アドベンチャー)」の2タイプのドレスアップカーも同時に展示されている。

 鈴木社長は、このスペーシアコンセプトとクロスビーについて「ともに間もなく皆様にお届けできる予定です」と近々の発売を示唆した。

 さらに「キャリイ軽トラいちコンセプト」という軽トラックベースの移動販売車の提案もしている。これはリヤの荷台には、ルーフ部に太陽光パネルを装備したポップアップテント式のカバーを用意し、さらに販売陳列に活用できるようボックスや引き出しなどを採用。

 キャビン部分は後方に延長しスペースを確保するとともに、シートのリクライニングやスライドを可能とし、キャビンと荷台部分はキャビン側に荷台がえぐれるように区分けされており、長尺物の積載性は犠牲とはしておらず、軽トラック以上の使い勝手を提案している。

 このスズキブースでは、4輪だけではなく2輪のプレスカンファレンスも同時に行い、SV650をネオレトロな外観に仕上げた「SV650X」というコンセプトモデル、そして上質な125ccスクーター「SWISH(スウィッシュ)」、GSX-Rシリーズの流れを汲むフルカウルのスタイリングにDOHC4バルブのエンジンを搭載した「GSX-R125」を出展。

 また、展示では、先月アメリカのマリン工業会から技術革新賞を受賞した、スズキ初の二重反転プロペラ「スズキデュアルプロップシステム」採用した最大出力350馬力のフラッグシップモデル船外機「DF350A」も出展していた。


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです