メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カットバック

/241=今野敏 河野治彦・画

第三十一節(1)

「犯人をずばりと当てて、事件を解決したFC室長のご尊顔を拝ませていただこうと思いましてね」

 長門室長の問いにこたえて、佐治係長が言った。

 佐治係長も嫌なやつだなあ、と楠木は思った。この上司にしてこの矢口あり、だ。

 この当てこすりにも、長門室長は柳に風だ。

「それは、わざわざ……。こんな顔ですが、よかったらいくらでも見ていってください」

 佐治係長は長門室長の態度に、毒気を抜かれてしまったようになった。

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです