メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚歌劇

宙組公演 歴史にあらがえぬ焦燥=評・小玉祥子

 トップスター朝夏まなとのサヨナラ公演。

 最初がミュージカル「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」(上田久美子作・演出)。帝政末期のロシア。軍人のドミトリー・ロマノフ(朝夏)は従兄である皇帝ニコライ二世の身辺を守るため、ペトログラード転任を命じられる。宮廷は皇帝一家が信頼する怪僧ラスプーチン(愛月ひかる)に牛耳られていた。ドミトリーは友人のフェリックス・ユスポフ(真風涼帆)からラスプーチン暗殺計画への参加を請われる。

 ドミトリーと大公妃イリナ(伶美うらら)の秘められた恋とラスプーチン暗殺計画がないまぜになる。酒場で上手のテーブル上にドミトリーと皇女オリガ(星風まどか)、下手のテーブル上にフェリックスが立ちつくす周囲を民衆が踊り狂う場面が、民心と皇室の離反を象徴するようで面白い。

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文607文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  2. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 東京マラソン 一般参加者の縮小検討 新型肺炎受け「あらゆる想定している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです