メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅の空から・たてがみなびかせ

福祉精神旺盛な英国=芦谷有香

 福祉先進国の英国には実に多くの慈善団体や福祉事業があり、その記事が紙面を飾ることも少なくない。過日、心臓移植を受けたエリオットちゃんのことが掲載されていた。生後12日で拡張型心筋症と診断され、移植までに400日を要したが、手術は無事に終了。2歳半の時にやっと退院でき、この秋から保育園に通っているという。

 両親は彼の4歳の誕生日を前に、プレゼントを買う代わりに病院で受けた治療への謝意として、その病院へ寄付するためのチャリティーラン(5キロ)に参加することを彼に提案した。実際には両親は誕生日のサプライズを用意しているが、生きていることの幸せと人への感謝の気持ちを息子に学ばせたかったのだろう。彼は即座に「イエス」と答えたそうだ。そして、両親と共に無事に走り終えた。彼の挑戦をたくさんの人が支援し、多くの…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  2. 「みんなしゃべれます」泣き叫ぶ職員 やまゆり園での犯行詳細が明らかに 相模原殺傷

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  5. 東京マラソン 一般参加者の縮小検討 新型肺炎受け「あらゆる想定している」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです