メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡2017

ロシア革命100年 亡命者の足跡、今も 神戸の洋菓子/宝塚歌劇団

チョコレートを作るキリル・バラノフさん=神戸市中央区で、幾島健太郎撮影

 1917年のロシア革命から来月7日で100年を迎える。混乱の中で約200万人が国外へ逃れ、日本にも数千人が身を寄せた。とりわけ関西は神戸を中心に定住した亡命ロシア人が多く、“神戸スイーツ”のルーツや初期の宝塚歌劇団にも影響を与えていた。忘れられつつある足跡に光を当てた。【真野森作】

 粉末ココアがまかれた大理石の上で、職人がチョコレートの玉を専用フォークで手際よく転がすと、店内に甘い香りが広がる。神戸・元町の高級チョコ専門店「ショコラティエ・バラノフ」のあるじで、ロシア人男性のキリル・バラノフさん(36)が「全部、私の手作りです」とほほ笑んだ。

 店は2年前に開業したばかりだが、ロシア革命と深く関わる。曽祖父のニコライさんは帝政時代の1907年…

この記事は有料記事です。

残り1437文字(全文1762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです