メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼瓦

「最後の」職人 深谷の塚越久義さん「継承せずとも伝統」 /埼玉

鬼面付きの表札を丁寧に作り上げる塚越久義さん=深谷市深谷町の「鬼義」で

 社寺や古い民家の屋根には恐ろしい形相の鬼がすむ。厄よけとして飾られてきた「鬼瓦」だ。その職人「鬼板師(おにいたし)」として、若手の塚越久義さん(38)が工房「鬼義(おによし)」を深谷市に構えている。関西では「鬼師」と呼ばれ、職人組織の「日本鬼師の会」によると、全国に約100人、県内には3人しかいない。「弟子はとらない。関東では自分が最後の鬼板師と思っている」と語る塚越さんに迫った。【斉藤奏子】

 塚越さんの工房を訪ねると、鬼面付きの鬼瓦の表札を作っていた。ざらついた手触りが特徴のいぶし瓦。土台に粘土で鬼の顔をつけていく。「角や額は角度が大事」と、左右のバランスを見ながら何度も土を足したり削ったり。こだわるのは全工程の手づくりだ。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. 尼崎市の商店街で火災 焼け跡から男性の遺体

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです