メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸製鋼所

データ改ざん問題 20事業所を調査 経産省、JIS機関に検討指示

JISマーク制度の概要

 神戸製鋼所の製品検査改ざん問題で、経済産業省は24日、同社が日本工業規格(JIS)の認証を受けている全20事業所への立ち入り調査を検討するよう、JIS認証機関に指示したことを明らかにした。【片平知宏、川口雅浩、酒井祥宏】

 国土交通省も23日から、三菱重工業の国産ジェット旅客機「MRJ」向けアルミ部材を製造する神戸製鋼大安(だいあん)工場(三重県いなべ市)への立ち入り検査を実施。問題を受けて国内外で製品への懸念が広がっていることから、政府は神戸製鋼の事業所を総ざらいで点検し安全性を確認したい考えだ。

 経産省などによると、神戸製鋼とグループ会社は全国の20事業所で、アルミや銅製品、鉄鋼製品など約40…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  4. ラグビー日本代表・プロップ具智元が日本国籍取得

  5. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです