連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

現場の疲弊が見える=中村秀明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 「日本のものづくりは現場の自立性や強さが基本だ。ただし、それを管理する側がお任せでいいというわけにはいかない」。日産自動車の西川広人社長の言葉にひっかかった。

 資格のない社員による完成車検査が発覚し、「すべて有資格者が検査するよう」と命じた後も現場で不正が続いていたとわかり、記者会見で語った。

 自動車メーカーなどに納めるアルミ製品などの品質を偽っていた神戸製鋼所でも、新たな不正がわかった。問題発覚後の社内調査に現場が隠蔽(いんぺい)工作に走っていたのだ。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文989文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集