メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外最高裁、大崎事件の92歳女性の再審認めず
経済観測

医療費削減に貢献する農業=農業ジャーナリスト・青山浩子

 農業に長年就いてきた人は医療費が少なく済む--。こんな画期的な研究結果が明らかになった。早稲田大学の堀口健治名誉教授らが後期高齢者の医療費を、農業者と非農業者で比較した。研究によると、埼玉県本庄市で農業に従事してきた人は、それ以外の職業に就いた高齢者と比べ、医療費が平均7割前後に収まったという。報告書は「農業に従事する人は、自然や市場条件、季節に合わせて考えながら体を使うことで健康を保っていることが要因だと考えられる」と指摘している。

 筆者は取材を兼ねて農家に泊まるたびに、高齢者の気力、体力に驚く。日中に部屋でごろりと休む人はいない…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文705文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです