メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

フランスの絵本は愛らしい芸術作品 鹿島茂さん、コレクション展示

ジャン・ド・ブリュノフ作「ババールの新婚旅行」の1コマ(C)NOEMA Inc.Japan=群馬県立館林美術館提供

 フランス文学者で明治大教授の鹿島茂さん(67)は、多くの著作を執筆する傍ら、フランスの絵本を収集してきた。お気に入りのコレクションや魅力を聞いた。【坂根真理】

 鹿島さんが収集しているのは、フランスで子どものための本が発達し始める19~20世紀の絵本だ。「絵本はその時代の美術を反映する芸術作品だ。画家は芸術アカデミー出身が多くてクオリティーが高い」と絶賛する。

 33年前、パリの本屋で絵本に出合ったのが始まり。挿絵が美しく、すぐに魅了された。フランスののみの市や東京都内の古書店などを巡り収集をしてきた。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです