メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲垣久子さん(仮名)は、診察の記録を克明に残している。「闘っている証しです」

 「がんの告知」は人生の一大事だ。さらに「再発・転移」の告知となれば、患者に与える衝撃は計り知れない。いったん再発・転移した「ステージ4」のがんは、完治が難しいとされ、「死」を意識せざるをえないからだ。ゴールが見えない治療と同時に、揺れる気持ちとつきあう日々が続く。

 ●一人だと暗闇に

 埼玉県の主婦、田口直美さん(63、仮名)は昨年4月、肺がんの告知を受けた。リンパ節と脳に転移があり、すでに「ステージ4」。聞いた途端に冷や汗が出て、貧血を起こした。

 「もう何年も生きられない」。その瞬間から苦悩の日々が始まった。スーパーに行けば、他の客が皆、幸せそうに見える。「あの人たちは元気なのに、なぜ私は」。自宅にこもる日が続いた。ソファに座って窓の外に目をやると、見慣れたはずの風景がまるで違って見える。緑が濃いはずの木の葉に、色が感じられなくなっていた。

この記事は有料記事です。

残り2034文字(全文2409文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです