メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲垣久子さん(仮名)は、診察の記録を克明に残している。「闘っている証しです」

 「がんの告知」は人生の一大事だ。さらに「再発・転移」の告知となれば、患者に与える衝撃は計り知れない。いったん再発・転移した「ステージ4」のがんは、完治が難しいとされ、「死」を意識せざるをえないからだ。ゴールが見えない治療と同時に、揺れる気持ちとつきあう日々が続く。

 ●一人だと暗闇に

 埼玉県の主婦、田口直美さん(63、仮名)は昨年4月、肺がんの告知を受けた。リンパ節と脳に転移があり、すでに「ステージ4」。聞いた途端に冷や汗が出て、貧血を起こした。

 「もう何年も生きられない」。その瞬間から苦悩の日々が始まった。スーパーに行けば、他の客が皆、幸せそ…

この記事は有料記事です。

残り2134文字(全文2409文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです