メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

温室効果ガスの長期監視 精度高め温暖化対策促進

 「COP」という略称で知られる国連気候変動枠組み条約に参加する国の会議が来月ドイツで開催される。この条約の目的は「大気中の温室効果ガス濃度の安定化」。各国が対策を進めているが、二酸化炭素(CO2)濃度などはいったいどこで観測しているのだろうか。

 ●58年に観測開始

 各国が毎年発表する温室効果ガス排出量は、化石燃料の消費量などの統計資料に基づいて算出する。一方、大気を直接観測することで、排出増の影響などを明確にできる。代表的な温室効果ガスであるCO2濃度の通年観測は1958年、米カリフォルニア大の研究者がハワイ島のマウナロア山で世界で初めて開始。国内では気象庁が87年に岩手県大船渡市で始めた。

 国立環境研究所も沖縄・波照間島(93年~)や北海道・落石岬(95年~)などで観測し、そのデータをホ…

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです