メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

介護の外国人技能実習 新制度で来春以降始動

 来月1日から始まる新しい外国人技能実習制度で、対象職種に介護が追加されます。同制度では初の対人サービスです。実習生が介護現場で働くのは来春以降の見通しですが、利用者の不安を招かないよう質の担保が求められています。【有田浩子】

 介護職の技能実習生受け入れは、安倍内閣の成長戦略「日本再興戦略」(2014年)で提案された。急速に進むアジアの高齢化を踏まえた「技術移転による国際貢献」を理由に挙げているが、背景にあるのは国内の介護人材不足だ。25年には約38万人が足りないと試算され、離職した「潜在介護福祉士」の掘り起こしなどでは追い付かない。

 これまでも政府間の経済連携協定(EPA)に基づき、08年からインドネシア、09年からフィリピン、14年からはベトナムから看護などを学んだ人たちが来日し、働きながら介護福祉士の資格取得を目指している。ただ、国費の支援はあるものの合格のハードルは高く、日本で働いているのは2000人程度にとどまる。

この記事は有料記事です。

残り1346文字(全文1764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです