特集

第79期名人戦

現在棋界最多の3冠を誇る渡辺明名人に挑むのは誰か?第79期名人戦と順位戦を特集します。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-広瀬章人八段 第22局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

相穴熊の玉頭戦

 相穴熊の玉頭戦が始まった。金銀3枚に飛車と角が加わり、5五の馬が制空権を握っている。まるで要塞(ようさい)のような分厚い穴熊陣をバックに、真上から攻撃を仕掛けてくる広瀬。今打ったばかりの[後]8五桂がいかにも厳しい。広瀬勝勢という声すらあった控室。ところが三浦も頑強な抵抗を繰り返して、にわかに将棋は泥仕合に。これが本譜以降の筋書きである。

 図の局面で「[後]9八歩[先]同玉と換わったのがよけいな手でした」と広瀬。ここは[後]9七桂成[先]同桂[後]7三飛と進めるのがよかったという。ついで[先]9四歩に[後]9二歩と受けた形が堅い。攻める際にも、先手玉が9九にいたほうが、[後]7五歩が厳しい意味がある。

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文916文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集