プロ野球

セCSファイナルステージ DeNA9-3広島 ベイ19年ぶりシリーズ 史上最大の下克上

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【広島-DeNA】日本シリーズ進出を決め喜ぶ、筒香(中央)らDeNAの選手=大西岳彦撮影
【広島-DeNA】日本シリーズ進出を決め喜ぶ、筒香(中央)らDeNAの選手=大西岳彦撮影

 プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)第5戦は24日、マツダスタジアムで行われた。DeNA(レギュラーシーズン3位)が広島(同1位)に9-3で勝利し、1敗後の4連勝で対戦成績を4勝2敗(1位の広島に1勝のアドバンテージ)とし、1998年以来19年ぶり3回目の日本シリーズ進出を決めた。DeNAは今季、首位・広島に14・5ゲーム差をつけられており、過去最大の逆転となった。レギュラーシーズン3位のチームが日本シリーズに進出するのは、2010年に日本一となったロッテ以来で、セ・リーグでは初。最優秀選手(MVP)にはDeNAのホセ・ロペスが選ばれた。日本シリーズは28日、ヤフオクドームで開幕する。

 ▽第5戦 マツダスタジアム(DeNA4勝2敗)

この記事は有料記事です。

残り1273文字(全文1616文字)

あわせて読みたい

注目の特集