プロ野球

あすドラフト 清宮、何球団が競合 中村、安田も上位候補

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が26日、東京都内で開かれる。注目は歴代最多とされる高校通算111本塁打の清宮幸太郎内野手(東京・早稲田実)に、1位指名で何球団が競合するのか。競合を避けて他の有力選手の単独指名を狙うのか、各球団の戦略も見どころになる。

 過去に最も多く競合したのは、1989年の野茂英雄投手(新日鉄堺)と90年の小池秀郎投手(亜大)の8球団。高校生は95年の福留孝介内野手(大阪・PL学園)の7球団が最多だ。

 今年は清宮をはじめ、高校生の強打者が多い。清宮と同じ左打者の安田尚憲内野手(大阪・履正社)は高校通算65本塁打。夏の全国選手権で大会新の6本塁打を放った中村奨成捕手(広島・広陵)は強肩を誇る。村上宗隆捕手(熊本・九州学院)の評価も高い。石川翔(栃木・青藍泰斗)、山口翔(熊本工)の両右腕も上位候補だ。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文1008文字)

あわせて読みたい

注目の特集