アスベスト

石綿、メーカーも責任 国と2社に賠償命令 横浜地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 建設現場でアスベスト(石綿)を吸い込み健康被害を受けたとして、神奈川県の元建設労働者と遺族計61人が国と建材メーカー43社に計約16億7000万円の損害賠償を求めた「横浜第2陣集団訴訟」の判決で、横浜地裁(大竹優子裁判長)は24日、国と建材メーカー2社の責任を一部認め、総額約3億586万円の支払いを命じた。

 建設アスベスト集団訴訟で、メーカーの責任を認めた判決は昨年1月の京都地裁に続いて2例目。国の責任を認めた判決は6例目。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文637文字)

あわせて読みたい

注目の特集