メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

希望敗北 都議会、小池ショック

希望の党の小池百合子代表=賀有勇撮影

 衆院選で東京都の小池百合子知事が代表を務める希望の党が敗北したことを受け、都議会に波紋が広がっている。小池氏が率いる最大会派「都民ファーストの会」は、小池人気の陰りに危機感を募らせる。また、一部が都民ファーストへの合流を検討していた都議会民進党は、選挙結果を受け一転して方針を変更。連携する公明党も静観の構えで今後、各会派の「小池離れ」が進む可能性も出て来た。【柳澤一男、後藤豪、樋岡徹也】

 都民ファーストは投票日翌日の23日に議員総会を開き、引き締めを図った。3カ月半前の都議選(定数12…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文814文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです