メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都

祇園・花見小路が「ホコテン」化、事故の恐れ

道いっぱいに広がる観光客らでタクシーの進路も塞がれがち=京都市東山区の祇園町南側の花見小路で

 花街の風情が漂う京都市・祇園町南側地区の花見小路で、観光客が車両通行禁止区間の「歩行者天国」(ホコテン)と勘違いして歩くため、車との接触事故が起きかねない危険な状態が続いている。紅葉狩りの季節を控え、外国人観光客の急増も予想されることから、東山署などは30日、ピクトグラム(絵文字)入りの高札型標識を掲げ、歩行者に右側通行厳守を呼びかける。【中津川甫】

 「車がクラクションを鳴らしても、街並みを撮影している観光客は動かないから危ない」。花見小路から脇道…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです