質量

kg新基準、日本など確立…原器の分銅130年で幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新手法で定数の精度を上げるために使用したケイ素球=産業技術総合研究所提供
新手法で定数の精度を上げるために使用したケイ素球=産業技術総合研究所提供

 質量の単位「キログラム」を新しく定義する技術的な手法を確立したと、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)など5カ国の研究機関が発表した。約130年間にわたり、パリに保管されている分銅「キログラム原器」が重さ1キロを示す「物差し」とされてきたが、役割を終えることになった。来年11月の国際会議で正式に決定される。

 原器は白金イリジウム合金製の分銅。1889年、メートル条約に基づき作られ、パリの国際度量衡局で厳重保管されている。質量は一定のはずだが、表面の汚れなどを洗浄するとごく微量に軽くなるなど、精度の信頼性に課題があった。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文734文字)

あわせて読みたい

注目の特集