特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選

維新の松井氏に代表退任論 「大阪都構想傾注を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する日本維新の会の松井一郎代表=大阪市北区で2017年10月22日午後11時34分、幾島健太郎撮影
記者会見する日本維新の会の松井一郎代表=大阪市北区で2017年10月22日午後11時34分、幾島健太郎撮影

 日本維新の会が衆院選で惨敗したことで、「大阪都構想」の実現を目指す地域政党・大阪維新の会に危機感が高まっている。大阪維新府議団が24日に開いた会合では、来秋に再実施を目指す「大阪都構想」の住民投票に注力するため、松井一郎代表(大阪府知事)に国政政党トップを退くよう求める意見が出た。市議団は住民投票に向けた対策本部を発足させたが、都構想に反対する自民は対決姿勢を強めている。

 「ローカルパーティー(地域政党)としてやることと国政政党としてやるべきことが、ぐちゃぐちゃになっている。松井知事は、大阪を変えてから日本を変える形に集中すべきだ」

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文962文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る