メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経産省

冬の節電要請見送り 震災後4回目

 経済産業省は24日、今冬の電力供給対策を議論する有識者会合を開き、家庭や企業への節電要請を見送ると決めた。再生可能エネルギーの導入や省エネの定着、原発の再稼働を背景に大手電力全10社による安定的な供給が可能と判断した。2011年3月の東日本大震災後、節電を求めないのは昨年度の夏と冬、今夏に続き4回目。

 経産省の試算では、電力供給の余力を示す予備率は、安定供給に最低限必要とされる3%以上を全社が確保す…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文393文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  4. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も
  5. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです