安倍晋三首相は24日、韓国の文在寅大統領と電話で協議した。文氏は自民党が大勝した衆院選について「政策を進める原動力を得た。首相の政策、リーダーシップへの国民の強固な支持を示すものだ」と祝意を伝えた。

 これに対し、首相は「北朝鮮に可能な限りの圧力をかけて政策を変更させなくてはならないことを、すべての演説で訴えた」と説明。「衆院選の最終日に韓国料理を食べ、体力を回復して投開票に臨んだ」と述べた。

 首相は、日中韓首脳会談の年内の東京開催と、文氏の初来日に期待を表明した。両首脳は、北朝鮮への圧力強化で連携し、未来志向で日韓関係を再構築することを確認した。【加藤明子】