メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化勲章

イシグロ氏外れる 文科省「コメントを控える」

カズオ・イシグロ氏=小出洋平撮影

ノーベル賞受賞者には文化勲章が贈られるのが慣例だが…

 ノーベル賞受賞者には文化勲章が贈られるのが慣例だが、今年の文学賞に決まった長崎県出身の英国人作家、カズオ・イシグロ氏(62)は選ばれなかった。文部科学省は「イシグロ氏が(受章者を決める)文化審議会で選考の対象になったかも含め、コメントを控える」としている。

 勲章の対象は「国家に功績のある人」と規定され、日本も舞台にした作品を英国を拠点に英語で執筆してきたイシグロ氏が該当するかが注目されていた。日本生まれで外国籍の受章者は、2008年にノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎氏(米国籍・1978年に文化勲章)、14年に同じくノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏(同・14年に文化勲章)がいる。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです