メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

讃岐うどん

大正うどんと近未来うどん どちらがうまいか

大正時代の味を再現したうどん(右)と開発中の近未来のうどん=香川県坂出市で2017年10月24日午前11時38分、潟見雄大撮影

食べ比べるイベントを坂出の製粉会社が開催へ

 大正時代の製法で再現したうどんと近未来のうどんを食べ比べるイベントを、香川県坂出市の製粉会社「吉原食糧」が来月3日に同社工場で開催する。1杯100円で提供する2種類のうどんを24日に公開した。

 讃岐うどんの歴史をたどりつつ未来を提案する恒例イベント。近未来…

この記事は有料記事です。

残り115文字(全文265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎感染のバス運転手と接触か 大阪市で1人入院 府が公表 容体不明

  2. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  3. 「武漢 加油!」マスク、ゴーグル、ゴム手袋…緊急援助物資、中国へ続々 新型肺炎

  4. 帰国者の今後 症状ない人もウイルス検査へ 検疫体制さらに特別対応

  5. 「500万人が外に出た」新型肺炎で封鎖の武漢市長明かす 成田に9000人移動か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです