メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

讃岐うどん

大正うどんと近未来うどん どちらがうまいか

大正時代の味を再現したうどん(右)と開発中の近未来のうどん=香川県坂出市で2017年10月24日午前11時38分、潟見雄大撮影

食べ比べるイベントを坂出の製粉会社が開催へ

 大正時代の製法で再現したうどんと近未来のうどんを食べ比べるイベントを、香川県坂出市の製粉会社「吉原食糧」が来月3日に同社工場で開催する。1杯100円で提供する2種類のうどんを24日に公開した。

     讃岐うどんの歴史をたどりつつ未来を提案する恒例イベント。近未来のうどんは糖質の吸収を抑えるなどの効果があるとされる裸麦と小麦をブレンドした。

     大正時代のうどんは小麦の濃い香りが楽しめる素朴な味が特徴。来場者にどちらがおいしいかを投票してもらう。同社は「うどんの未来に1票を」。【潟見雄大】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 宮城 交番で警官刺され死亡、拳銃発砲で刃物の男も死亡
    2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
    3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    4. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    5. クローズアップ2018 交番襲撃・発砲 想定外、侵入者の銃使用 学校・警察、対策及ばず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです