メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カットバック

/242=今野敏 河野治彦・画

第三十一節(2)

「いつ頃到着されますか?」

 長門室長が尋ねると、鹿ノ子チーフがこたえた。

「あと十分ほどで到着します」

 楠木は撮影続行に賭けたが、実は中止になってほしいと思っていた。そうすれば、FC室の任務から解放され、楽な内勤に戻れる。

 撮影続行に賭けたのは、室長に付き合っておこうという気があったからだが、そうなったときのショックを、賭けに勝つことで多少なりとも紛らわそうという計算もあった。

 鹿ノ子チーフの言葉どおり、監督は十分ほどでやってきた。驚いたことに、伊達弘樹がいっしょだった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. オウム 松本元死刑囚、執行直前の様子「ちょっと待って」
  4. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  5. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです