メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村児太郎 偽らざる思い、誠実に 顔見世の忠臣蔵 おみの役

「大石最後の一日」で、おみのを演じる中村児太郎さん=東京都中央区で2017年10月17日、宮武祐希撮影

 歌舞伎俳優として着実な歩みを続けている。父は中村福助、祖父は七世中村芝翫。五世中村歌右衛門以来の成駒屋の女形芸を継承する期待がかかる23歳。11月の歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」の夜の部で「大石最後の一日」でヒロインおみのに挑む。

 新歌舞伎の名作「元禄忠臣蔵」(真山青果作)の最後を飾る場面だ。

 吉良上野介を討った赤穂浪士は幕府の裁許を待つ。細川家中屋敷にお預けの大石内蔵助は同家家臣に紹介された若侍の正体を男装の娘と見抜く。その娘、おみのは浪士、磯貝十郎左衛門に会わせてくれと内蔵助に懇願する。おみのは磯貝が周囲を欺くために偽りの婚約をした相手であった。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです