メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村児太郎 偽らざる思い、誠実に 顔見世の忠臣蔵 おみの役

「大石最後の一日」で、おみのを演じる中村児太郎さん=東京都中央区で2017年10月17日、宮武祐希撮影

 歌舞伎俳優として着実な歩みを続けている。父は中村福助、祖父は七世中村芝翫。五世中村歌右衛門以来の成駒屋の女形芸を継承する期待がかかる23歳。11月の歌舞伎座、「吉例顔見世大歌舞伎」の夜の部で「大石最後の一日」でヒロインおみのに挑む。

 新歌舞伎の名作「元禄忠臣蔵」(真山青果作)の最後を飾る場面だ。

 吉良上野介を討った赤穂浪士は幕府の裁許を待つ。細川家中屋敷にお預けの大石内蔵助は同家家臣に紹介された若侍の正体を男装の娘と見抜く。その娘、おみのは浪士、磯貝十郎左衛門に会わせてくれと内蔵助に懇願する。おみのは磯貝が周囲を欺くために偽りの婚約をした相手であった。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです