メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

夕刊に新連載小説 石田衣良 戦時下のファンタジー 「炎のなかへ」11月1日スタート

石田衣良さん=太田康男撮影

 ミステリー、恋愛小説、家族小説、青春小説など多彩な作品を紡ぎだす作家、石田衣良さんの夕刊連載小説「炎のなかへ」が来月1日にスタートする。太平洋戦争末期の1945年3月10日、下町を襲った東京大空襲のなか、家族を守ろうと奮闘する少年の物語だ。

 戦争を題材にするのは初めてのこと。

 「(今は亡き)母親が折に触れ、『お前たちには想像もつかないかもしれないけど』と、ポツリポツリと東京大空襲のことを話してくれました」。60年、東京都生まれ。出身校の両国高校は空襲で旧校舎の中庭に爆弾が落ちたが、不発弾だったため焼け残った。戦争の記憶を身近に感じながら育った世代だ。それに加えて「今や北朝鮮問題もあり、戦争の影が色濃くなってきた。前から書きたかったテーマですが、きな臭くなったタイミングで連載依頼があったことがきっかけ」で、戦争に初挑戦する決断をした。

この記事は有料記事です。

残り1160文字(全文1532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです