メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やさしい日本語

拡大中→広がる 観光地で役所で 外国人向け、難しい言葉、言い換え

 災害時、外国人に情報を伝えるために考案された「やさしい日本語」が最近、日本人と外国人のコミュニケーションツールとして期待されている。観光地や外国人が多く暮らす地域では使い方を学ぶ研修が盛んだ。行政用語に活用する自治体もある。やさしい日本語が「共通言語」となる日は来るのか。【太田敦子】

 「そうです、英語でなくていいんです!」。福岡県柳川市が昨年、広告大手の電通とともに始めた事業「やさしい日本語ツーリズム」のキャッチフレーズだ。ボランティアガイドなど観光関係者に、「『早く打ち解けて』のような複合動詞を使わず『早く仲良くなって』と言い換えましょう」などと分かりやすい日本語の研修を行う。

 同市は水郷で知られ、川下りなどを目当てに外国人観光客は年々増加。半数以上が台湾からだ。電通が台湾で…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1219文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  5. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです