メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妖怪かるた

子育ての苦労、笑顔に変えて 教育関係者対象にワークショップ 札製作で前向きに 大田で来月12日 /東京

めがまわる りょうりにせんたく できないおばば--

 めがまわる りょうりにせんたく できないおばば--。子育ての苦労などを妖怪の姿になぞらえて表現する「妖怪かるた」が話題を呼んでいる。大田区の絵本作家、いちよんごさん(39)による企画で、11月12日には大田区中央2の大田文化の森で保育士や児童館職員などの教育関係者を対象にしたワークショップを開く。「愉快な『妖怪』を作ることで悩みを切り離し、肩の力を抜いて仕事に向かって」と、いちよんごさんは話している。

 いちよんごさんはこれまで、主に子育て中の親を対象にワークショップを開いてきたが、今夏初めて児童養護…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文734文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです