メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブリュッセル国際コンクール

「三重開催」が浮上 日本酒部門新設も /三重

 国際的なワインコンクール「ブリュッセル国際コンクール」が来年秋に日本酒部門の新設を検討しており、開催地として県内が浮上している。欧州から視察団が訪れて伊勢志摩地方を見学し、鈴木英敬知事を訪問した。

 ブリュッセル国際コンクールは、ワインやリキュール、ビールなどの酒類を世界50カ国の約300人のソムリエやジャーナリストが評価する催し。本部をベルギーのブリュッセルに置き、世界各国で開催している。

 日本酒部門は、洋食と相性が良いとされる純米酒に評価対象を限定し、純米酒▽純米吟醸酒▽純米大吟醸酒-…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文530文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 英シャーロット王女が初登園、キャサリン妃撮影の写真を公開
  2. 世界の雑記帳 英ジョージ王子が初登校、緊張の面持ちで教室へ
  3. 世界の雑記帳 英ロイヤルベビーの名前、賭け予想は「メアリー」「アリス」など
  4. ひき逃げ容疑 女性死亡で74歳女逮捕 埼玉・春日部
  5. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]