メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

爪痕痛ましく 山肌大きく露出 宇陀松山城跡8カ所で土砂崩れ /奈良

大規模な土砂崩れが起きた宇陀松山城跡内の現場=奈良県宇陀市で、山本和良撮影

 22日夜から23日未明に県内に接近した台風21号による大雨の影響で、宇陀市にある中世から近世にかけての山城の跡、宇陀松山城跡(国史跡)で土砂崩れが発生していることが分かった。市教委は、いずれも幅約50メートル、長さ約100メートルと推測される大規模な2カ所を含む8カ所で崩落を確認。天守や本丸の跡は無事だったが、帯郭や石垣の一部も崩れた。文化庁や市教委の担当者らが25日、現地を視察し、復旧方法などを協議した。【山本和良】

 宇陀松山城跡は標高約470メートルの古城山にあり、山頂付近の約6万8000平方メートルが国史跡に指定されている。城は南北朝期に地元の有力国人の1人、秋山氏が築いたとされ、豊臣秀吉の天下統一後、豊臣家臣により大規模な改修がなされた。江戸初期の1615年に廃城されたが、近年の発掘調査で本丸御殿ややぐらなどの礎石や石垣、瓦・陶磁器類などが出土している。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです